軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成

[概要]

市では、身体障害者手帳の交付対象とならない難聴の程度にある児童の言語の習得やコミュニケーション能力の向上を支援するために補聴器の購入費の助成を行います。

[支給内容]

助成額は、補聴器の種類の区分に応じた基準額に世帯区分に応じた助成率を乗じた額となります。

  • 市町村民税課税世帯
    3分の2
  • 生活保護世帯・市町村民税非課税世帯
    10分の10

(注意事項)
補聴器の購入費が基準額に満たないときは、補聴器購入費のうち、助成の対象となる額に助成率を乗じた額となります。また、申請に必要な医師の意見書の作成費用は、申請者の負担となります。

[対象者]

補聴器の助成の対象は、次の(1)から(4)のいずれにも該当するお子さんとなります。
(1)交付申請日において厚木市に居住する18歳未満の者
(2)中耳炎等の急性疾患による一時的な聴力低下ではなく、耳鼻咽喉科的治療により聴力が回復する見込がない者
(3)平均聴力レベルが両耳とも原則として30デシベル以上であって、聴覚障害を事由とする身体障害者手帳の交付対象とならない者
(4)補聴器の装用により、言語の習得等に一定の効果が期待できると神奈川県が指定する医師が判断した者
(注意事項)
一定の所得がある世帯は、対象外となる場合があります。

[申請できる人]

対象となるご本人、またはその保護者

[申請期日]

事前申請になりますので、購入前に必ずご相談ください。

<申請書類>
(1)軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業申請書
(2)医師の意見書
(3)(2)の医師意見書に基づき補聴器業者が作成した見積書
(4)印鑑
(5)世帯全員の市町村民税が確認できる書類

[手続きなど詳しくは]

「軽度・中等度難聴児補聴器の購入費を助成します(厚木市サイト)」をご覧ください。

軽度・中等度難聴児補聴器の購入費を助成します(厚木市サイト)

子育て応援情報

「おおきくなぁ〜れ」をシェアしよう
  • つぶやく