出産育児一時金直接支払制度

[概要]

出産育児一時金直接支払制度は、出産に伴う費用の支払いについて、出産育児一時金として支給される42万円を限度に、厚木市国保から直接医療機関等へ支払うことにより、申請者の一時的な負担を軽減するための制度です。

[支給内容]

42万円を限度に、直接医療機関等へ支払われます。
※この制度を利用して出産した方は、42万円を超えた金額のみを医療機関等へ支払うこととなります。
※医療機関等からの請求額が42万円に満たない場合は、その差額分が申請により厚木市国保から出産した方(その世帯主)に支給されます。

[対象者]

厚木市国民健康保険の加入者(被保険者)で出産した方
※会社を退職して6か月以内に出産した場合(ただし、1年以上継続して本人が勤務された場合に限ります。)、以前に加入していた健康保険から出産育児一時金の支給を受けることができますのでご確認ください。なお、国民健康保険と重複しての受給はできません。

[申請できる人]

世帯主の方

[申請期日]

直接支払制度を利用する旨の合意文書を医療機関等と取り交わすことで、医療機関等に直接、出産育児一時金の支給額が支払われます。

[手続きなど詳しくは]

「出産育児一時金直接支払制度(厚木市サイト)」をご覧ください。

出産育児一時金直接支払制度(厚木市サイト)

子育て応援情報

「おおきくなぁ〜れ」をシェアしよう
  • つぶやく